次に大事なのは為替チャートを見ましょう

-

-

ようやく開始する時という局面では、まずは事前調査を手抜きしてはいけません。仕事 辞めたい アフィリエイト

売買を始める前であるとすれば物事を論理的に調べる事ができる余裕があります。

しかしながら、一回売買の中へ飛び込んでしまうと、捉え方が客観性を欠くものになってしまい、ちゃんとした判断を下せなくなる恐れが生じる。

だからこそ自分自身の考え方が落ち着いているうちに、きちっと事前準備が大切です。

”準備”のためには、はじめは己の脚本を作成する事からスタートする。

明日からの相場はこうなるだろうからこの通貨を売る(あるいは買う)というふうに、自らの脚本を書いていきます。

次に大事なのは為替チャートを見ましょう。

それまでの為替相場の値動きを見定めて今の位置を確認する。

すると、「現在は結構行き過ぎた状況にある」とか、あるいは「すでに大多数の方々が勝負しているこの後自分がエントリーしても今さらなすすべがない」などと見えてくる。

当然ですが今はもう売買するのが手遅れだなと感じたら何もしないで、そこのところはきっぱりと割り切ることが肝心。

無理に自らのシナリオを譲らずに無理に売買すると、相場にやられて、損をすることになるリスクがあります。

ただし多くの場合準備が出来ている自分自身のシナリオを考えているとすれば、売り(または買い)が間に合わないなということにはならないと思います。

おそらく、現実に外国為替市場が動意する前の状況のはずだからです。

その次にとりあえず自らが取引しようとしている通貨ペアの推移を、注意深く見る事が大事です。

仮にドル高に向うであろうという物語を作ったのであれば該当する通貨の動きに注目する必要があります。

外国為替市場の上げ下げを注目し始めた段階ではまだまだ該当の通貨は誰の眼にも明らかに変化する兆候を見せることはなく上や下にちょっとした変化を繰り返しているだけだろう。

ところが、その変動をしっかりと確認していると、ある場面でゆっくりと、円安の方向へと為替相場が動き始めます。

この状況で初めて、ドル買いの取引します。

これだけ緻密に準偏さえしておけば、その売買で儲ける可能性はぐっと高まります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.geicocarinsure.com All Rights Reserved.